歩歩是道場

おはようございます。

 新しい週です2月も後半に入ります、じっくりと歩んでまいりましょう。知識も技術も何もないないづくしの時は、勉強もせずに点数を欲しがり、練習もしていないのに何でも上手になることを思い、人のものを欲しがり、嫉む心が強く、何で私の事を考えてくれる人がいないのだろうか?と自分のことだけを考えるばかりでした。周りに大勢人がいるにもかかわらず、孤独感に苛まれていた。
 物事の道理を知らないときには、悔し涙を流し、人を恨み、唯一守ってくれる大切な両親にくってかかり、わがままが日に日に増長していました。
 いやいやながらも中学に進み、新しい友ができ、何度も書いていますが「奇跡の人」という映画を観て人生観が変わったのです。アン・マンスフィールド・サリバン先生のヘレン・ケラーに接する姿勢、態度に驚いたのです。
 こんなにも、人の為に尽くすことができるのかという感動でした。
 感動したからといって、サリバン先生のようになれてはいません、億分の一でもこのようにありたいと願ったのは事実でした。そのときから、「教えてくれる人の存在」「導いてくれる人の存在」を知ったのです。それも、ヘレンに催促されたからサリバン先生はヘレンと共に歩んだのでありません。サリバン先生の使命感だったのだろうということは、比叡山に登り慈悲という教え、利他という教えに触れて知ったのです。
 毎日毎日、お山では掃除する日課、僧侶の方々の指示に従う日課、それがすべて「導かれている」という思いでした。イヤなこともありましたが、楽しい日々でした。教えに「歩歩是道場(ほほぜどうじよう。歩々是れ道場」という語があります。「私たちの一歩一歩、言動のひとつひとつがみな修行であり、真理のど真ん中で生活している(ことに気づくこと)」「今日、ただ今、ここに一所懸命になること」という意味です。「一隅を照らす。ポストにベスト」です。
 目の前の「一歩一歩を歩ませていただいただけで今日がある」という思いを持ったとき、自分が自分に感動し涙がこぼれたことを思い出します。人の素晴らしさ、愛情を知ったときから孤独感が消え失せました。
 知識を得なければ、知識を得て人様に評価をしてもらわなければと、自分の心でありながら、自分の心を外の世界に奪われていた時代はただただ時間が空しく過ぎ、心が苛立ち、何をしているのかさえ分からずに過ぎていました。今は何を見ても、どなたとお話をさせていただいても、自分を磨き高めるご縁と感じ、楽しく過ごしております。
 昨日開催しました「朋友同信会。法話を聞く会」ご参加の皆様ありがとうございます。皆様の厚い向上心が私に又勇気をもたらしてくださいました、感謝致します。来月も皆様にお目にかかれますことを楽しみに精進いたします。来月は3月17日(日)午前10時です。お待ちしております。

f:id:shibasaijyo:20190218065558j:plain


 そしてNPOこころのはな第26回「ひきこもり女子会」ご参加の皆さんありがとうございます。毎回お手伝いいただきますFさんTさんYさん、感謝致します。Yさんには前日よりお掃除準備をいただきお礼申し上げます。
 次回第27回「ひきこもり女子会」は3月16日(土)午後1時半から開催です。お待ちしております。
 今夜午後6時半からは「にんげん学」京都講座「老子を読む」を開講します。会場のウィングス京都で午後6時半お待ちしております。お寒いことですが、お気を付けてお出かけ下さい。

f:id:shibasaijyo:20180709173928j:plain


 新しい週の始まり、「歩歩是道場」を思い楽しくお過ごし下さい。目の前に価値観を感じなくなったときから下達が始まることを恐れましょう。
  
世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。
☆「仕事運が良くなる」日々の四つの実践徳目:慈悲の心を持つ(思いやりは勇気)・質素倹約(物心両面のゆとりがなければ心貧しくなる)・謙虚な心(争いを生まない)・一隅を照らす(ポストにベスト)。
※どのようなことでもご相談下さい。人生開運相談。辯財天秘法・開運姓名判断等々。電話:0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp 相談する勇気が幸運の扉をノックします。
※心華寺で一泊、プチ修行をし心身のリフレッシュをしませんか?いつでもお待ちしております。坐禅、読経、水行、写経、作務、食事作法、非日常体験で、新しい自分発見を。合掌

 

日々の生き様

おはようございます。

 昨日夕方下山されましたCMA様主催「リーダーシップ禅寺合宿研修会一泊二日」研修生の皆さんありがとうございます。明日からのお仕事に何かお一ついかしていただければありがたく思います。まだまだ寒い日がつづきます、お大事にご活躍下さい。
 私の「生き様」といいますか「生きる姿勢」、日常でご縁をいただいた事柄で「感動したことをインプットしアウトプットする」「知は行の始めなり」というあり方をしております。 
 もちろん、やったからといって直ぐ出来るわけではありません、確かに教えを知りますとやる気は失せません。何ごとも繰り返せば上達するものです。このようなあり方で今日まで過ごし、一層この思いを強くしています。

 嫌気がさしたり、途中で投げ出す人は、人と比べる、競争心でやると途中で嫌気がさすのです。そのようなエネルギーは続かないのです。魂の奥底から感動したエネルギーが継続できるエネルギー、パワーとなるのです。
 覚えてからやらなければと思っていたら、今の私はなかったと思っています。どうやらこうやら人様のお役に立てているのは、「インプット=アウトプット」「知は行の始めなり」という教えです。何ごとも行動するから上手くなるのです。自分のペースで行えば、上達します。
 論語、憲問(けんもん)第14-24「子曰く、君子は上達し、小人は下達す」。訳「先生はおっしゃった。「君子」は(義を求めるゆえ)聖賢に達していくが、「小人」は(己の利を求めるゆえ)つまらないことのみ覚えるようになる。」
 ここで論語ならではの「君子」と「小人」の違いを教えています。いわゆる「学ぶとはどういうことか?」と言うことです。
 「上達」とは、物の道理・人の道理・そして人としてどう生きていかねばならないかを知るいわば「人道」です。
 里仁第4-16にあります「子曰わく、君子は義に喩り、小人は利に喩る」、根本はここにあります。君子は「義」を求めるがゆえに上を求め極めていく、小人は「我利」「自利」を求めるがゆえ下を求め極めて行くのです。※「義」とは「利害をすてて条理に従う。公共のために尽くす気持」。

 あの人は立派な人だと、最初に感じていた人が、時にダメになるケースがあります。それらの多くはある程度の地位、立場に立ってから、学ぼうとしなくなるのです、そして落ちて下達する、残念なことです。学びを義ととらえず、自利、我利と捉えていたのでしょう。
 私は「君子」とはとてもいえる者ではありませんが、こうやって学んでこられたのも「義」に感動し求めたからです。何故感動したのかは、わたしのような愚鈍の者を師や兄弟子の皆さん、そして社会の皆さん、が私を見捨てずに育て導いて下されたからです。今後も人とはどうあるべきかを学んでいきたいと強く願っています。
 だからこそ、良いことだ、素晴らしい事だと感じ取ったこと感動したことを行い事上磨錬を旨とするのです。
 今日は「朋友・同信会の皆様方の仏法を聞く会」「般若心経の不思議パワーの話」を午前10時から開催します。朋友・同信会の皆様お気を付けてお出かけ下さい。

f:id:shibasaijyo:20190102151952j:plain

f:id:shibasaijyo:20190102151943j:plain


 そして午後1時半よりNPOこころのはな第26「ひきこもり女子会」を開催します。予約不要です。皆様のご参加をお待ちしております。

f:id:shibasaijyo:20190216051852j:plain


 明日は「にんげん学」京都講座「老子を読む」です。ウィングス京都で午後6時半お待ちしております。

f:id:shibasaijyo:20180709173928j:plain


 今日はインプット=アウトプット、知は行の始めなり、義を思いお過ごし下さい。
 
世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。
☆「仕事運が良くなる」日々の四つの実践徳目:慈悲の心を持つ(思いやりは勇気)・質素倹約(物心両面のゆとりがなければ心貧しくなる)・謙虚な心(争いを生まない)・一隅を照らす(ポストにベスト)。
※どのようなことでもご相談下さい。人生開運相談。辯財天秘法・開運姓名判断等々。電話:0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp 相談する勇気が幸運の扉をノックします。
※心華寺で一泊、プチ修行をし心身のリフレッシュをしませんか?いつでもお待ちしております。坐禅、読経、水行、写経、作務、食事作法、非日常体験で、新しい自分発見を。            合掌

 ☆下関・愛宕寺様を私が留守をしていますときお守りをくださるGさんから愛宕寺に春が来ましたと送られてきました。Gさんありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20190217065535j:plain

f:id:shibasaijyo:20190217065551j:plain

f:id:shibasaijyo:20190217065602j:plain

☆CMA様主催「リーダーシップ禅寺合宿研修会一泊二日」研修生の皆さんありがとうございます。皆様のご活躍をお祈り致します。茶礼の風景、最後の講義、記念写真です。

f:id:shibasaijyo:20190216113303j:plain

f:id:shibasaijyo:20190216120419j:plain

f:id:shibasaijyo:20190216165503j:plain

f:id:shibasaijyo:20190216170500j:plain

天の道、人の道

おはようございます。

 縁尋機妙、道理に素直に楽しく従えば望外の果報が授かります。このように「字」を書けるようになったのも、一重に先人の方々のお力によるものです。自分の力などという慢心、我がせっかくの天理、道理を空しくするのです。
 人は誰しも、謙虚で有りながら、道に従い堂々と歩む人に好感を抱きます。「誠は天の道なり。之れを誠にするは人の道なり」(中庸第11章)とあります。「にんげん学」講座でも学びました。私はこのようにありたいと一つずつ師友のみなさんと学び(まねび)事上磨錬するのです。学びは実践、アウトプットがなければ「身につかないのです」。私は知識力のないことを知っています。だからこそ、「彼十度すれば、吾百度する」(中庸)を実践しています。
 優れた人を尊敬しますが、競争相手とするのではなく、「子曰く、賢を見ては斉(ひと)しからんことを思い、不賢を見ては内に自ら省みる」(論語)を実践するのです。
 「誠者天之道也。誠之者、人之道也。(誠は天の道なり。之れを誠にするは人の道なり)」。誠とは、何でしょうか。私の名に誠が使われている故に一層親近感を感じるのかも知れません。「真理であり、法則を言います」。
 天の道、自然の道は、とてつもなく厳格であり、少しの狂いもなく、粛々(しゅくしゅく)と進められていきます。そこに間違いは無く、全てが法則どおりに動いていきます。天の道、自然の運行は、すべてが真理である法則によって行われ、数学的に動いていきます。そして、万物を養い、育てていく道なのです。考えられないような人智を越えた雨嵐、風雪があったとしてもです。
 しかし、人は、その道を何度となく踏み外します。人間は、間違いをおかします。人間だけが、道を踏み外すのです。それらはすべて我欲からです。そして、法則からはずれて、周りを傷つけ、自分自身をも傷つけてしまうのです。道理を自分の都合の良いように使っての仇です。
 我で眼をくらますことのないよう、天の道を、真理を、法則を身につけ、それにしたがって生きていくこと、行動していくことが求められます。まずは、真理を認識する必要があります。そして、真理を実践する必要があります。さらには、真理そのものになってしまうまで、繰り返し、成長していかなければなりません。天の道、真理、法則を体得し、そのものになってしまって生きていくこと、そして、その法則を周りに示していくことが、人の道であり、誠の道です。
 私はこのように教えを解釈し歩んでいます。何度も何度も六感(眼・耳・鼻・舌・身・意)の感覚の良さに引っかかり、感覚の嫌がることを避け、楽を願い、道を踏み外し、やり直し、修正し直し、少しずつ因果応報の道理を体感してきました。
 道理はいつでも立ち直ることを待っているのです。そして繁栄する機会を与え続けているのです。我利、我欲で道を捨てない限り私たちを導いて下さるのです。因縁の道理を体得しましょう。幸運を引き寄せるパワーが道理なのです。誠は天の道なり。之れを誠にするは人の道なり、です。

 道理を知ったとしても、人道では天道の如く、待ってくれるとは限りません、だからこそ「知は行の始めなり」を確かにしなければ、人の信頼を得るなどと言うことはほど遠いのです。
 皆さん、我利や、我欲で描いた小さな世界には比べものにならない大きな喜びがいただけるのが、道理、天理の果報です。多くの大きな喜びを私は授かりました、道理の無限の偉大さに感謝です。知ったつもりにならないよう謙虚に堂々と学びましょう。それが天道に対する誠、至誠であると私は学び続けるのです。
 昨日入山しましたCMA様主催「リーダーシップ禅寺合宿研修会一泊二日」研修生の皆さん夕方5時まで誠を尽くしてご精進いただきますよう。
 皆様も週末を誠意とは?何ぞやをお考えになりお過ごし下さい。
 明日は「朋友・同信会」の皆様の「般若心経の不思議パワー、法話を聞く会」が午前10時から12時に開催致します。朋友・同信会の皆様お気を付けて入山ください。お待ちしております。

f:id:shibasaijyo:20190102151943j:plain

f:id:shibasaijyo:20190102151952j:plain


 そしてNPOこころのはな第26回「ひきこもり女子会」を開催します。午後1時半から4時の開催です。お待ちしております。お気を付けてお出かけ下さい。

f:id:shibasaijyo:20190216051852j:plain

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。
☆「仕事運が良くなる」日々の四つの実践徳目:慈悲の心を持つ(思いやりは勇気)・質素倹約(物心両面のゆとりがなければ心貧しくなる)・謙虚な心(争いを生まない)・一隅を照らす(ポストにベスト)。
※どのようなことでもご相談下さい。人生開運相談。辯財天秘法・開運姓名判断等々。電話:0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp 相談する勇気が幸運の扉をノックします。
※心華寺で一泊、プチ修行をし心身のリフレッシュをしませんか?いつでもお待ちしております。坐禅、読経、水行、写経、作務、食事作法、非日常体験で、新しい自分発見を。              合掌

☆昨日の下関・愛宕寺様の「愛宕寺サロン」の風景です。

f:id:shibasaijyo:20190216045914j:plain

☆日本一のみかん農家愛媛県八幡浜の一生園さんから「かぶす」を沢山送っていただきました。私がポン酢の好きなことを知り、送ってくださいました。Oさん、いつもありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20190214160531j:plain

 

f:id:shibasaijyo:20190214160637j:plain

今日15日から来週24日までの予定

☆2月15日(金)〜2月16日(土)CMA様主催「リーダーシップ禅寺合宿研修会一泊二日」。

✰2月15日(金)「愛宕寺サロン」午前10時~15時(ご都合の良い時間にどうぞ)。

f:id:shibasaijyo:20190124081647j:plain


☆2月17日(日)「朋友・同信会」法話を聞く会。午前10時〜12時。不思議パワー般若心経を聞く。


☆2月17日(日)NPOこころのはな第26回「ひきこもり女子会」。午後1時半〜4時。

☆2月18日(月)「にんげん学」京都講座・人生充実必勝法・克己学「老子を読む」。午後6時半受付、8時半まで講座。資料は準備しております。筆記具持参ください。
○会場:「ウィングス京都」。住所:京都市中京区御射山町262。電話:075-212-7490。
○会費:3千円。講座修了後懇親会があります。会費は別途いただきます。お茶の用意はありません各自ご用意下さい。

☆2月24日(日)下関・愛宕寺様「月例・幸福開運護摩祈願祭」午前10時。


 添え護摩祈願は願いを叶える最大の秘法、災厄を焼尽し、幸運を招き守護神を招きます。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。
☆「仕事運が良くなる」日々の四つの実践徳目:慈悲の心を持つ(思いやりは勇気)・質素倹約(物心両面のゆとりがなければ心貧しくなる)・謙虚な心(争いを生まない)・一隅を照らす(ポストにベスト)。 合掌
※どのようなことでもご相談下さい。人生開運相談。辯財天秘法・開運姓名判断等々。電話:0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp 相談する勇気が幸運の扉をノックします。
※心華寺で一泊、プチ修行をし心身のリフレッシュをしませんか?いつでもお待ちしております。坐禅、読経、水行、写経、作務、食事作法、非日常体験で、新しい自分発見を。

 

縁尋機妙

おはようございます。

 今朝は冷たい朝です、お大事に週末をお過ごし下さい。昨日は「縁尋機妙(えんじんきみょう)」という道理をまざまざと実感する日でありました。一昨日から入山のCMA様主催「ダイキン・コンシューマ・マーケティング株式会社様中間管理職研修会」を一泊二日で行い、昨日午後3時に下山いただきました。研修生の皆さん、なれないことをありがとうございます。人生は実践、事上磨錬です、ご精進下さい。皆様のご活躍をお祈り致します。
 昨日の午前中は河内長野市にあります東尾メック株式会社様の「稲荷祭り」にて安全祈願祭を厳修させていただきました。会長様とのお話のおりに、ダイキンさんが今研修においでいただいているんです、というお話しをしましたところ、驚きのお言葉が反ってきました。
 「弊社の製品が「ダイキン」さんのブランドで発売されるのです」というお話です。まさに「縁尋機妙」の世界を感じ、教えの尊さ、教えを信じ行動する大事を改めて感じ、寺に帰り研修生の皆さんにそのお話をさせていただきました。
 「良い縁は次から次へと良い縁を結んでくれる。縁とは誠に不思議なもの、計らざるもの」、良い縁がさらに良い縁を尋ねて発展していく様は誠に妙なるものがある、これを「縁尋機妙」といい。 また、いい人に交わっていると良い結果に恵まれる。これを「多逢聖因(たほうしょういん)」といいます。
 人間はできるだけいい人と交わうことです。それには、自分が出会った人を尊敬の念で出会うことです。何かを得よう、利を得ようなどと考えずに出会う、利他の精神で出会いをすることです。
 人様に出会いましたとき「ポストにベスト」「誠意を尽くす」ことです。目の前の人が「いい人か悪い人かなど云々せず」に誠意を以て対することです。自身の応対・対応が「良縁と為す」ことを知りましょう。そのためにも「少欲知足」の人生です。

 背伸びせず、ポストにベスト、誠意を以て事上磨錬することを常としていますと教えの如く「類は友を呼ぶ」のです。共鳴し共振し、「縁が縁を呼び無理なく広がることを目の当たりにする一日でありました」。教えに沿うことの偉大さを知る一日でもありました。

 皆さん道理に我利を挟まずに実践しましょう、蒔いた種は直ぐには芽は出ませんが、必ず縁を大事にすることで大きな芽吹きが来るのです。
 今日午前10時から一泊二日CMA様主催「リーダーシップ禅寺合宿研修会一泊二日」が開催されます。研修生の皆さんお気を付けて入山下さい。

  そして今日は下関・愛宕寺様では「愛宕寺サロン」が開催されます。午前10時から午後2時まで行われております。若いお嬢さんたちが皆様のおまいりお待ちしております。
 今日は「誠意とは?」「縁とは?」を考えてお過ごし下さい。

 

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。
☆「仕事運が良くなる」日々の四つの実践徳目:慈悲の心を持つ(思いやりは勇気)・質素倹約(物心両面のゆとりがなければ心貧しくなる)・謙虚な心(争いを生まない)・一隅を照らす(ポストにベスト)。 合掌
※どのようなことでもご相談下さい。人生開運相談。辯財天秘法・開運姓名判断等々。電話:0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp 相談する勇気が幸運の扉をノックします。
※心華寺で一泊、プチ修行をし心身のリフレッシュをしませんか?いつでもお待ちしております。坐禅、読経、水行、写経、作務、食事作法、非日常体験で、新しい自分発見を。

ダイキン・コンシューマ・マーケティング株式会社様研修ありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20190214145925j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214150244j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214151154j:plain

☆H・M株式会社様ありがとうございます。稲荷祭り安全祈願祭の後に工場を会長様にご案内いただきました。感謝致します。

東尾メック様の世界に誇る継ぎ手の製品がダイキン様と共に発売されます。縁尋機妙の世界です。

f:id:shibasaijyo:20190214152908j:plain

会長様、社長様と。

f:id:shibasaijyo:20190214085433j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214085550j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214090040j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214090244j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214090604j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214090634j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214090908j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214092329j:plain

f:id:shibasaijyo:20190214093058j:plain

会長様長時間のご案内ありがとうございます。35年の長いご信心にも感謝致します。

欲が具わっている理由

おはようございます。

 私たちには生まれついた時から、いろいろな物に対する「欲望」というものがあります。したがって、またその欲望を「どこまでも満足させようという欲求衝動があります」。それを「貪瞋癡(とんじんち)」といいます。
 貪(むさぼり)・瞋(欲望の満足されない時に起こるいかり)、癡(馬鹿になる。あまり欲を出すと目がくらんで、物がわからなくなる)の三つが、人間には皆そなわっているのです。
 「欲に情有り」ともいいます。欲には情がともなっているということです。しかし情欲や貪欲というものは、良心とか、理性とか、というものに相反するものか、といいますと、そうは考えてはいけません。等しく「これは天が与えた働きです」。
 私たち人間に具わっている機能は、人を通して働きをさせようという「天の意志・天の働き」「自然の作用としてこれを肯定している」のが「心学」であります。悩み苦しむからこそ、このように苦しむことがないようにという情愛、仁愛が生じることになるのです。

 子供が悩む姿を見て親が何とかしてあげたいと思う心と同様にです。抜苦与楽(ばっくよらく。苦しみを解決し、楽しみを与えてあげたい)という慈悲となるのです。
 矛盾的に考えない、善悪二元的に考えないで、「一元的に、総合的に、自然的に考えるのです」。ですから「天・人を生じて貪有り欲有らしむ」と受けとめます。

 その欲には必ず情があると言うのです。ですから偉人たちは私たちの苦悩を知り、救わなければと愛情を持って、利他の心で教えを如いて下されたのです。私たちに付与された情は、慈悲、利他の愛に目覚めなさいと言うことです。その欲を「知情意」という三つで表しています。 

 知は解らないことがあると、それを知りたいという欲求が生じる知性。動物や赤ちゃんも、初めてみたものに興味を示し、触れようとします。本能的に解らないものは、触って確かめたいという欲求が備わっているようです。
「知性」とは、知識や思考といったものを活用すること。頭を使うということです。
「感情」とは、喜びや悲しみや怒りなどのこと。心で感じるということです。
「意志」とは、意欲や精神力のこと。決断するということです。
 貪瞋癡の三つが具わっているということは、自らを迷わせるためではなく、夏目漱石の「草枕」の冒頭に書かれていますが如く、
 「山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。 知に働けば角が立つ、情に棹(さお)させば流される。 意地を通せば窮屈だ。とにかく人の世は住みにくい。」
 さすが、名文です。漱石は「知情意の3つのバランスさえちゃんと取れば、たぶん人の世は住みやすい」と読ませたかったのではないでしょうか。
 要するに、我欲で貪瞋癡の煩悩に毒されるのではなく、私たちには「仏性・慈悲心」が生まれつき具わっていることに目覚め、そのことに気づきものを知れば、厚い愛情を以て強い意志で利他を貫いてほしいと天は願ったのだと私は受けとめています。
 「知情意」を、それぞれ「賢さ」「優しさ」「強さ」と置き換えますと、さらに理解しやすくなるかもしれません。「強くて優しくて賢い」人間として目指す姿、利他の菩薩道です。
 昨日入山しましたCMA様主催「ダイキン・コンシューマ・マーケティング株式会社様中間管理職研修会」研修生の皆様午後3時までご精進下さい。
 そしてNPOこころのはな「子ども食堂」ご来店ありがとうございます。次回の開店日は3月6日(水)午後4時より7時です。6日正午まで予約受けつけます。0774-45-5561。小学生以下は無料。中学生以上保護者の方は300円ちょうだいしております。予約後のキャンセルの場合も必ずお電話を入れてキャンセルしてください。お待ちしております。
 今日は煩悩が何故具わっているのかの真実に気づいていただければ嬉しく思います。

世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。
☆「仕事運が良くなる」日々の四つの実践徳目:慈悲の心を持つ(思いやりは勇気)・質素倹約(物心両面のゆとりがなければ心貧しくなる)・謙虚な心(争いを生まない)・一隅を照らす(ポストにベスト)。 合掌
※どのようなことでもご相談下さい。人生開運相談。辯財天秘法・開運姓名判断等々。電話:0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp 相談する勇気が幸運の扉をノックします。
※心華寺で一泊、プチ修行をし心身のリフレッシュをしませんか?いつでもお待ちしております。坐禅、読経、水行、写経、作務、食事作法、非日常体験で、新しい自分発見を。

NPOこころのはな「子ども食堂」へ宇治橋通りにあるケーキのyujiさんが、子供たちへと可愛いチョコレートをお持ち下さいました。yujiさんありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20190214050105j:plain

今週もお手伝いにOさんがお手伝いにきてくださいました。Oさんありがとうございます。

f:id:shibasaijyo:20190214050134j:plain

 

学び実践することが根本

おはようございます。

 日々私たちは祈り学びそしていろいろな人とお出会いをいただいています。祈ること学ぶことを知ったとしても、それだけでは何の力にもなりません、知ったというに過ぎないのです。祈り、学び続けなければいけません。
 一人祈り、一人学ぶことは大事であっても、「教えに従う現実でなければいけません」「教えを実行できなければいけません」「自利は利他なりでなければいけません」。いわゆる自力と他力のバランスが大事だということです。
 価値観の多様性とはよく言われていますが、さて、その多様性に出会って、自分を否定されたら皆さんはどのような態度を示されますか?そのようなことを考えたことがあるでしょうか。
 否定されて、そこで臆病になり、人を嫌ったのでは、人生何もできませんし、学ぶ意義も問われます。逆に肯定され、認められたからといっても、物事が実現するのかといえば、これまた違います。否定されても、肯定されたとしても、為すべき事は為さなければ事は実現しないのです。
 だからこそ、自力と他力のバランスです。ある物を見て、美しいという人もおれば、そうでないという人もいます。時にどちらの判断にもひっかからないことが大事です。その人の人柄、価値観と見ることです。
 人様の美醜に引っかかっているようでは、学びの何たるかを知らずに学んでいる人でもあります。あるいは小人であるのかもしれません、少し人様より知識があるだけで、先人のお陰にもかかわらず、自分の考えと為し、独善家となっている。今日このような人が多いのではと、自己反省をしております。
 本当に学びが知識ではなく、智慧となっていれば、「一心万変に応ず」となるのです。観音経に「智慧如海(ちえにょかい)」とあるように、小川、大川、美しくない川、きれいな川、あらゆる川の水が大海に注ぎ流れ入ります。だからこそ「母なる海」なのです。
 私たちの祈り、学びは、利他にあります。ポストにベストにあります。社会はいろいろ様々でいわゆる万変で、際限なく、人生の出来事というものは、矛盾衝突が多いのです。そこで続発する事件・問題を、うまく処理してゆこうとしても、上手く行かないものです。諸行無常、世の中は万変に変化します。
 そこで、根本に立ち返る、何故そのようになってしまったのかを大いに反省できる、自覚できる人を作ることを使命とすることだと私は考えるのです。その解決のために祈り、学ぶことが根本だと思っています。人を云々するのではなく、自反する。
 ご一緒に祈り愛をくださる皆さん、にんげん学でご一緒に学んで下さる師友のみなさんを一人でも多くする地道な道を歩もうと、日々ブログも書かせていただいております。
 「一心万変に応ず」という使命感を失わないように、祈り学びを日常としていただきたいと祈っております。そのために道理、真理を学んで、人の道としていただきたいのです。
 人生をダメにしないことを戒める「木の五衰(すい)」を書きます。いわゆる木が枯れてしまう(人間がダメになる)五つの大きな事です。
 第1は、懐(ふところ)の蒸(む)れです。枝葉が茂る。これを取り除かなければ、日当たりも風通しも悪くなる。酸素の供給が足りず光合成も弱まり、木は衰えてくる。枝葉が茂ると、それだけ養わなければならないから、根の力、幹の力が弱ってくる。そして虫がつく。そこで手入れをして無駄な枝葉を切り取っているのです。人も同様少しの成功で慢心し、人の意見や学びをしなくなる。固定観念となり、過去に生きてしまう。
 枝葉を切ることを怠ると、次の段階の梢止(こずえど)まりが始まる。大事な梢の伸びが止まる。成長しなくなる。これを放っておくと、根が上がってきて。地中から養分を吸い上げる力が弱くなる。これを根上がり、裾上がりと言う。そうするとやがて、てっぺんから涸れてくる。これを梢枯れと言います。これが「木の五衰」というものです。
 人生もこれと同様で、あまりいろいろの枝葉末節に囚われすぎますと、「木の五衰」の通りになるのです。
 そこで、常に心がけなければならないことは、「根本に反る」ことです。つまり、根本への感謝「祈ること」「学ぶこと」を忘れない、「一心」に「誠」を尽くせば「一心万変に応ず」となり、学んでいながら、人様を云々、人のせいにするような独善家ともならず、世の安泰を祈り、学び使命感を全うできるのです。私たち人間の根本は学び利他に生きることにあります。学べば行き詰まる事はないのです。
 今日午前11時から明日15時迄CMA様主催「ダイキン・コンシューマ・マーケティング株式会社様中間管理職研修会」が一泊二日で始まります。今年初めての研修、研修生の皆さんお気を付けて入山下さい。
 そしてNPOこころのはな「子ども食堂」開店日です。午後4時~7時開店です。今日の正午まで予約を受けつけております。07740-45-5561。小学生以下は無料。中学生以上保護者の方は300円ちょうだいしております。予約後のキャンセルの場合も必ずお電話を入れて下さい。お待ちしております。
 今日は根本を務めることを確かにして過ごしましょう。
 
世界平和をお祈りいたしましょう。Flower in your mind・ありがとう・心に華を咲かそう。
☆「仕事運が良くなる」日々の四つの実践徳目:慈悲の心を持つ(思いやりは勇気)・質素倹約(物心両面のゆとりがなければ心貧しくなる)・謙虚な心(争いを生まない)・一隅を照らす(ポストにベスト)。 合掌
※どのようなことでもご相談下さい。人生開運相談。辯財天秘法・開運姓名判断等々。電話:0774-44-5380。メールbonsan01@wao.or.jp 相談する勇気が幸運の扉をノックします。
※心華寺で一泊、プチ修行をし心身のリフレッシュをしませんか?いつでもお待ちしております。坐禅、読経、水行、写経、作務、食事作法、非日常体験で、新しい自分発見を。